IT業界の年収のからくり

お仕事をするうえで一番気になること、それは「年収」ではないでしょうか。実際私も就職するときにいろいろな会社を選んだりして面接に望みましたがその時も「ここの会社企業理念はいいんだけど年収がちょっと安すぎやしないか・・・」と思われるところが多かったので泣く泣く諦めたこともあります。ですが最近人気が伸びているIT業界の人達はどれぐらいの年収を貰っているのでしょうか。

とにかくIT業界というのは「誰もやった事が無い」ということを先手を打って自分で事業展開することによって儲けが出る業界であります。ですから、例えばTwitterとかFacebookといったSNS事業も先手を打った会社が一番をとっています。Twitterなんかは他の会社でも似たようなサービスを行っていますがやはりTwitterに勝てるところはありません。故に一番最初に始めたところが多くの年収を持っていくのです。億単位で稼ぐ人もいるようです。しかしながら、零細企業に勤めるシステムエンジニアや下請けの下請けといったような劣悪な労働条件で働くプログラマーは年収が非常に低くいわゆる「ワーキングプア」という層に含まれます。昔は誰もが憧れたIT業界の花形の職種も今では「3Kよりもひどい」と言われる始末なのです。

しかし、そんなエンジニアやプログラマーも、フリーランスになると全然違った年収や、ワークスタイルになるみたいです。だいたい2~3倍に年収は跳ね上がるみたいですし、残業もなく働けるとか。こちらで確認してみましょう!

IT業界で自分を成功させたいと思う人は自分自身に年収が変動しても良いのかという心構えと新たなサービスを始めるという危害を持っていないとどう仕様も無い用の中です。ぜひみなさん、IT業界に進む前には良く考えてからにしていただきたいと思います。

Leave a Reply